家庭教師センター評判徹底比較!

家庭教師センター評判徹底比較!

家庭教師と塾、どっちが成績アップにつながる?

塾は競争心が生まれやすい

お子さんが成長するにつれて、勉強は誰に学ぶべきなのか、多くの親は悩みます。
子どもが学校以外で勉強をする際、塾に通わせるか、家庭教師に頼むかどちらが良いか悩むでしょう。
塾と家庭教師には、それぞれメリット、デメリットがあります。
お子さんに合った方法で、勉強するのが一番です。
それぞれのメリット、デメリットを参考に選びましょう。
塾は、同じ世代の子どもたちと競い合うため、負けず嫌いのタイプの子が向いているのです。
塾のメリットは、家庭教師の授業料に比べると授業料が安いというのもあります。
また、受験問題の傾向が研究されていたり、情報量が多かったり、カリキュラムがあるため途中でやめにくいなどが挙げられます。
デメリットは、体調不良の際などやむを得ない理由で授業を休んでも授業は先に進んでしまうこと、集団で勉強を学ぶため質問がしにくい、要望が伝えにくい、理解できないまま授業が進んでしまう、教師を選ぶ選択肢が狭いなどが挙げられます。

家庭教師はマイペースな子ども向け

一方で、家庭教師は自分の理解度に合わせてカリキュラムを組むため、マイペースなタイプに向いています。
一番のメリットは、マンツーマンの授業なので、質問や要望が伝えやすいことでしょう。
また、親の目が届きやすいため、ズル休みがしにくくなるというメリットがあります。
自宅での授業であるため、勉強する環境に慣れるのが早く、通塾時間がかからないということが挙げられます。
家庭教師との相性が良いと、勉強意欲が向上し、成績アップに繋がります。
しかし、デメリットは塾よりも授業料が高いことや、家庭教師がお子さんと相性が悪い場合成績アップしにくい、教材の量が少ないことが挙げられます。
塾がどのお子さんにも合っている、家庭教師に依頼するほうが確実に成績をアップできるとはいいきれません。
お子さんのタイプをしっかり理解して、お子さんの要望を聞くことが大切です。

コラム一覧