家庭教師センター評判徹底比較!

家庭教師センター評判徹底比較!

家庭教師に教えてもらう頻度は?

家庭教師から教わる頻度について

お子さんの成績を上げたいと考え、塾ではなく家庭教師にマンツーマンで教えて欲しいと考える親も多く、家庭教師のサービスを活用する例がどんどん増えています。
そこで気になるのが家庭教師に教えてもらう頻度についてですが、一般的には1教科あたり1週間に2時間というのが多いです。
それよりも少ない頻度の場合は、中々成績アップに結びつきづらいでしょう。
反対に、1週間に1教科あたり2時間を超えると、お子さんのやる気の問題や費用面の負担が気になるのではないでしょうか。
例えば1教科、2教科のみ家庭教師に教えてもらう場合は、問題ないですが、5教科すべて教わるとなるとお子さんにも、費用的にも負担となってしまいます。
モチベーションの維持が集中した学びにつながるので、ただ頻度を高めることは避けましょう。
お子さんに合った勉強時間にしてあげることが、大切です。

理想的な頻度を実現させて成績向上を狙う

お子さんの成績を上げるためには、教科数×2時間を1週間の頻度にしましょう。
例えば、数学と英語を家庭教師から教えてもらう場合は、1週間に2時間を2回といった形を選択します。
その場合、2時間数学、もう一度の2時間を英語とするのではなく、おすすめなのは、1日のスケジュールとして数学を1時間、英語を1時間という形で行うと成績アップしやすくなり、学びやすい環境となるでしょう。
しかし、注意が必要な場合もあるのです。
集中力があまり続かないお子さんや、これまであまり自宅での勉強をしていない場合では、いきなり教科数×2時間とするのではなく、1時間などからスタートしたほうが良いケースもあります。
頻度は、お子さんとの話し合いや、家庭教師の先生も交えて決めることをおすすめします。
家庭教師に教えてもらうようになると、集中力が高まり、自宅での勉強習慣が身につくため途中で頻度を高めることや、時間数を増やすという選択肢もあります。

コラム一覧