家庭教師センター評判徹底比較!

家庭教師センター評判徹底比較!

脱ゆとり教育には家庭教師を

ゆとり教育と脱ゆとり教育

現在、ゆとり教育との言葉は過去のものになりつつあります。
ゆとり教育は、1980年度から施行された学習指導要領による教育ですが、本格的に実施され始めたのは2000年代になってからです。
従来の詰め込み教育の問題点を考慮し、ゆとりを持って生徒の自主的に考える力を伸ばそうとする教育です。
具体的には、学校での授業時間や学習範囲を減らし、学校も週5日制になりました。
ゆとり教育という名前の通り、お子さんは確かにゆとりを感じるようになりましたが、学力面の読み、書き、計算などの基本的学力の低下が不安視されることが多くなってきました。
そこで、ゆとり教育によって削減されていた学習量を、再び増やす教育を、脱ゆとり教育として、2008年に改定され、2011年に施行されています。
このように、時代の流れや政府の方針により、学校で学ぶ内容や基準が変わってしまう現状に対応するためには、自主的に将来必要となる学習を見極めて、対応していくことが大切になってきます。

家庭教師はどんな時代にも必要とされる

脱ゆとり教育を掲げている現在、学校での学習内容が見直され、どのような家庭学習を取り入れるかが、今後の進路に大きく影響します。
今後の大学受験も、現在の大学入試センター試験は廃止されることが決まっています。
また、今までの学校教育では重要視していなかった、アクティブ・ラーニングの導入を目指しています。
アクティブ・ラーニングとは話し合いや共同制作など、他者と協力して問題解決を行うことで、創造力を見につけるためです。
将来、希望する進路に進むためには、それぞれの学力に応じた学習スタイルを取り入れることが大切となり、家庭教師は、お子さんの学力に合った内容の授業を行い、成績アップが見込みやすいように工夫しています。
また、家庭教師での学習スタイルは、その時の状況に応じて対応ができるため、教科にこだわらず、必要とする勉強を取り入れて行うことができます。

コラム一覧