家庭教師センター評判徹底比較!

家庭教師センター評判徹底比較!

家庭教師と予備校はどちらが良い?

家庭教師と予備校の違い

お子さんの受験が近くなるにつれて、学校以外に勉強する場を与えたいと考える保護者が増えています。
その時に悩むのは、家庭教師を雇うか予備校に通わせるかの問題ではないでしょうか。
家庭教師と予備校の違いについて知り、それぞれのメリットやデメリットを比べましょう。
1つ目の違いは、1対1での指導か集団での指導かです。
家庭教師の場合は1対1での指導になるため、先生が生徒のペースに合わせて解らない問題を細かく指導していきます。
しかし、予備校の場合は学校と同じで集団での指導となるので、解らない問題が出てきた際にすぐに質問をして細かく指導を受けることは難しいでしょう。
2つ目の違いは、教師が家に来るかお子さんが教室まで足を運ぶかです。
家庭教師の場合は、指導するお子さんの家に訪問して自宅で勉強を行うので、保護者の目が届きやすくなります。
また、お子さんは自宅で勉強ができるため、リラックスして取り組めます。
そして、予備校まで通う必要がないので、その分の時間を勉強に充てられる点も大きな違いです。
また、お子さん以外の受講者が多くいるため、集中力がかけてしまう恐れもあるでしょう。

お子さんの性格によって異なる

予備校と家庭教師は様々な違いがありますが、お子さんの性格によってどちらが合うかは異なります。
予備校など集団での勉強の方が、クラス分けや志望校別に指導されることが多いので、同じ環境の友人やライバルができるといったメリットもあります。
しかし、学習状況や勉強の理解度に合わせてくれるのは、家庭教師です。
また、家庭教師は自宅に訪問するため、保護者の不安や悩みに寄り添ってくれるといったメリットがあるでしょう。
家庭教師は、1対1なのでお子さんの状況を把握しやすく、理解しやすいです。
家庭教師と予備校のメリットとデメリットを比較しながら、お子さんの性格に合わせた勉強方法を見つけるのがおすすめです。

コラム一覧